Skip to Content Skip to Navigation

ALEX WALKER: Bio

Alex Walker is an independent jazz musician, a multi-talented saxophonist, pianist and vocalist.

His music has been played on TV, radio, and other media in over 15 countries around the world since the release of his debut album.

Alex started his musical career at age 3 while playing the piano and moved on to saxophone at 15, along the way he "dabbled" in trumpet, clarinet and flute. He realized that he could recognize many personalities from the saxophone, sweet and gentle to aggressive and bluesy. It can deepen your melancholy or lift you to a soothing plateau, which is indeed music of distinction.

Alex was taught early in life that dreams are made to be fulfilled, and at the tender age of 12, decided that he would be a recording artist one day. His early musical inspirations include Beethoven, Bach and David Foster, then graduated to David Sanborn, Michael Brecker, Phil Woods, Gerald Albright, Sonny Rollins and Cannonball Adderley.

His first release, an independently produced and self-titled album, Alex Walker, will leave an indelible stamp in the hearts of the listener. All original material combining intricate song structures with silky interpretations, this album takes aim at the heart of human existence with songs of love, loss, anticipation, fun and passion.

Alex has been playing with popular Toronto-based musicians, such as Eddie Bullen and Chris Smith, for many years. He has played at jazz festivals in Canada and abroad including the Grenada Spice Jazz Festival in the British West Indies and with well-known greats such as Liberty Silver. He has also played both the saxophone and the piano at the Uptown Jazz Festival in Toronto.

Alex is currently living and playing in Tokyo, Japan.

アレックス•ウォーカーは、多くの才能にあふれたジャズ•クラシックアーティストである。

ジャズ•クラシックのサックスフォン及びピアノ奏者•シンガーであり、作曲家である。

主に、レコーディングアーティストとして数多くのプロフェッショナルミュージシャンのアルバムレコーディングに参加している。
また、パフォーマンスアーティストとしては、多数のライブにてサックスフォンとピアノ両方を演奏するなど、アメリカ、カナダ、日本、インドネシア等、国内外で活躍している。

また、ジャズ•クラシック•ポップミュージックの作曲家であり、彼の音楽はデビューアルバム発売以来、世界15カ国以上でテレビ、ラジオ、インターネット、各メディアで発信されている。

アレックスは、音楽教師の両親の影響で3歳よりピアノを始めた。幼少期から様々な楽器に触れ、15歳でサックスフォンを始めた。

彼が幼少期から影響を受けてきたアーティストは、バッハ、ヴェートーヴェン、ショパン、デイヴィッド•フォスター、デイヴィッド•サンボーン、マイケル•ブレッカー、フィル•ウッズ、ソニー•ロリンズ、キャノンボール•アダレイだと挙げている。

アレックスは、昨年の夏より日本に滞在中である。
日本食、お茶、自然、伝統文化を愛し、日本の音楽カルチャーの一員になれることを楽しみにしている。